EC

 

XANGLER

CATEGORYBASS FISHING

< XBACK TO LIST

< XBACK TO LIST

Xアンバサダー

平村 尚也NAOYA HIRAMURA

月別アーカイブ  

2020.01.24

バス テスターレポート

2020.01.24

琵琶湖南湖 冬バス攻略

バス テスターレポート


タックルデータ

ロッド:ワイルドサイドWSSS‐ST61UL
リール:アルテグラ1000
メインライン:オードラゴン0.4号
リーダー:オルトロス4ポンド
ルアー・システム:フリックシェイク4,8、シンセンコー5、カットテール4など、マス針、ノーネームノット

ラインインプレッション

冬季の必殺技であるノーシンカーでのミドストは糸ヨレとの戦いとなる。ほとんどテンションをかけない状態でシェイクをするミドストで、さらにワームだけの重量ではリールを巻く際にラインにテンションを掛けることができずに、フロロカーボンではすぐにライントラブルが発生する。
かと言って、通常のPEだと浮き上がりが目立ち、バイトが減少する。
そこで登場するのが高比重のPEのオードラゴン。オードラゴンの比重の重さによって風によるワームの浮上を抑えることができ、尚且つ、フロロのようなライントラブルはほとんどない。
基本的にスピニングにおけるオードラゴンとフロロの使い分けは、シンカーを付けるかどうか?である。シンカーを付けるようなボトムの釣りにはフロロカーボンのニトロンNウォーカーを使う。逆にノーシンカーでのミドスト、表層でのI字系での釣りにおいてはオードラゴンとなる。

実釣の内容

冬季の越冬状態のバスにワームを食わせるためには極力移動距離を抑える必要がある。さらに冬季のバスは簡単に上下動の移動をしてくれないために、バスの目の前のレンジにルアーを漂わせる必要がある。
そこで登場するのがノーシンカーのミドストとなり、ラインを弛ませた状態で極力ソフトなソリッドロッドでワームをボトム付近でわずかにボトムを20㎝ほど切った状態でシェイクして中層に浮かせて糸フケだけでシェイクする。ロッドで操作するのではなく、ラインでシェイクするイメージで移動を抑える。
これによって水温10度を下回るような冬季のタフコンディションでもバスを反応させることが可能となる。この方法はボートのみならず冬季のオカッパリの越冬場でも3インチのイモグラブや2インチのヤマセンコーなどでも通用するので是非ためして頂きたい。

SHARE facebook Line twitter

XPRODUCTS

FISHING CATEGORY

CATEGORY INDEX

 

XMOVIE

Movie

MOVIE INDEX