EC

 

XANGLER

CATEGORYSHORE GAME

< XBACK TO LIST

< XBACK TO LIST

Xアンバサダー

加地 武郎TAKEO KAJI

2020.01.28

ショアゲーム テスターレポート フィッシング

2020.01.28

徳島県鳴門エリア メバリングゲーム

ショアゲーム テスターレポート フィッシング


タックルデータ

ロッド:ゴールデンミーン Lotus II LTS-86T
リール:シマノ STELLA2000HGS
メインライン:リアルデシテックス WX8  0.3号
リーダー: bit LINE LEADER SUPER STRONG  1.75号
ルアー・仕掛:メインラインにフロロカーボンリーダーを矢引ほどFGノットで結束1.5g前後のジグヘッドにストレート系のワームを使用

ラインインプレッション

メバル釣りなどのライトゲームでは扱うタックルが小型で繊細なものになり特にリールは1000~2000番クラスの小型のものを多用します。当然スプール径が小さくなり巻かれるラインにもクセがつきやすいのが難点でした。また実釣時における巻き取りのテンションが緩い釣りであることからライントラブルにも気を付けなければなりませんでした。
リアルデシテックスは強度はもちろんのことライン自体のしなやかさに優れておりクセもほとんど気にならないのでストレスなく釣りに集中することができるラインです。

実釣の内容

現場の下見も兼ねて夕マズメ前の明るい時間帯からポイントへ!
冬場のこの時期らしい水食で非常にクリアに水の中が見て取れる状況。
しばらくはテトラの入り方や潮の流れ方と波の立ち方などメバルの着きそうなポイントをチェックしていく。目視できるようなベイトはいないようで全体的に生命感が感じられない・・・。まずは2.5gのジグヘッドにクリア系のワームを刺して深いレンジを早めのアクションで探ってみるがリアクション的に食ってきてくれる魚はいない。周辺ぐるりを探った後、1.5gのジグヘッドにチェンジし同じくクリア系のワームでスローに水面下1~2mくらいのレンジをフワフワと誘っていくと足元のテトラに差し掛かるところで元気の良いメバルが飛び出してきた!20cmほどの可愛いメバルだ。


後が続かないので際を諦めて潮流に浮くメバルを遠投で狙ってみることに!7gのフロートをエダスにセットして0.6gの軽めのジグヘッドにチャートカラーのストレートワームで表層をドリフトでゆっくり誘っていくとココンッ!とかすかなバイト!しっかりとフッキングし25㎝ほどのメバルをキャッチ!この日はこのパターンのようで、しばし連発でヒットした。今回は30㎝を越えるメバルはヒットしなかったが大型のメバルや外道でヒットするシーバスなどに対処できる強度がラインに求められる。リアルデシテックスなら安心してファイトできるのでぜひお勧めしたいラインだ。



SHARE facebook Line twitter

XPRODUCTS

FISHING CATEGORY

CATEGORY INDEX

 

XMOVIE

Movie

MOVIE INDEX