EC

 

XANGLER

CATEGORYOFFSHORE GAME

< XBACK TO LIST

< XBACK TO LIST

Xアンバサダー

上原 和彦KAZUHIKO UEHARA

2020.07.13

オフショアゲーム テスターレポート フィッシング

2020.07.13

夏のヒラマサジギング X BRAID JIG MAN ULTLA X8 とSlim & Strong レポート

オフショアゲーム テスターレポート フィッシング


釣行場所

6月28日 平戸 一栄丸 平戸周辺

タックルデータ


ロッド:MULTI FLOW ZERO-4
リール:オシア コンクエスト 300HG
(アースフィールド CNTチューン)
メインライン:X BRAID
JIG MAN ULTLA X8 3号
リーダー:X BRAID Slim & Strong 58LB
ジグ:ガタースリム 150g フック: カルティバ ブルーチェイサー 7/0
初期ドラグ負荷は直線で7kg


ロッド:DOUBLE TRAP 642 PS
リール:13 ステラ 8000 HG
(アースフィールド CNTチューン)
メインライン:X BRAID
JIG MAN ULTLA X8 6号
リーダー:X BRAID Slim & Strong 88LB
ジグ:ガタースリム 210g
フック: カルティバ ブルーチェイサー 11/0
初期ドラグ負荷は直線で13kg


ラインインプレッション

北部九州の6月後半〜7月初旬は産卵明けのヒラマサが荒喰いする時期。
このスリムなヒラマサは動きが鋭く、爆発的な引きをして私達を魅了する。
春に比べると大型は少ない夏のヒラマサだが、毎年この時期になると必ず釣れ始める。
そのヒラマサを狙って獲ることを想定すると、おのずと後悔なきように私は太糸タックルを選択してしまう。

今回もメインラインはX BRAID JIG MAN ULTLA X8。
リーダーはX BRAID Slim & Strong。
大場所ではX BRAID JIG MAN ULTLA X8 5号・6号を使用。初期ドラグ負荷は直線で12kgと13kg。
4号で10 kg、3号で7kgのドラグセッティングで夏のヒラマサに挑んだ。



実釣の内容

6月28日
平戸の一栄丸へ。

乗船時に船長から「今日は最近よく釣れている潮が片潮になるんでないんですよ」とツライ宣告。

朝一はキャスティングから。
今回はジギングメインだったのでタックルはX BRAID FULLDRAG X8


8号のベイトタックル一本のみ。
初期ドラグ負荷は直線で12kg。
幸先よくヒラマサ5kgぐらいがヒットするがさほど引かずキャッチ。


その後はジギングで3〜6kgのヒラマサをポツポツ拾い釣り。


こんな時にタックル①のベイトタックルは身体への負担が少なく重宝します。

昼過ぎに再度キャスティングへ。
逆舷でジギングをしていると、はじめは全く釣れなかったが、潮が動き始めると小さいハマチがポツポツ。
そんな中タックル①のベイトタックルで「またヤズか」と思ってファイトしていたら上がってきたのはヒラマサ7.5kg。
あまりにも引かなすぎたことに疑問を抱くが、ストレートファイトで自由度を奪われ動けなかったと解釈した。

夕方、大本命の大場所へ。
確かに船長の予想通り潮が悪い。
50〜60mの瀬をドテラで流す。
タックルは大きいヒラマサだけを想定して②のJIG MAN ULTLA X8 6号だけを使用。

船首でジグを潮上に遠投して、潮に乗せる感じで20回程シャクリ上げた所で「フワっ」。
リールを巻きながらフッキングすると、ドラグが「ジジジー」と鳴り、少しラインが出された。
ラインの角度が悪く船下に入った状態であり、フッキングから取り込みまで終始脇挟みでやり取り。
初期ドラグ負荷13kgとJIG MAN ULTLA X8 6号の強度任せの単純綱引きのストレートファイト。

魚は自由度を奪われて泳ぎ出せないため首振りの際に「ジっ、ジっ、」とドラグは鳴るが、「ジジジーー」とラインを出して走ることはなかった。
2〜3分程でじんわりと浮いてきたヒラマサは12kg。


納得のサイズでした。

今回の釣行でも安心強度のX BRAID JIG MAN ULTLA X8。
更に信頼が深まりました。

夏のヒラマサの中でも魚礁に付いている大きい奴は特に根ズレのリスクが高く、掛けてもヤラレているのをよく見かけます。
そのような場面にこそ、太糸+高負荷ファイトの選択が必要だと改めて感じました。

次は魚礁の大きいヒラマサ頑張ります。

XPRODUCTS

FISHING CATEGORY

CATEGORY INDEX

 

XMOVIE

Movie

MOVIE INDEX