EC

 

XANGLER

CATEGORYALL GENRES

< XBACK TO LIST

< XBACK TO LIST

Xアンバサダー

鵜山 和洋KAZUHIRO UYAMA

2020.07.31

オールジャンル テスターレポート

2020.07.31

北海道イトウゲームで驚愕のIGFAレングス日本新記録樹立

オールジャンル テスターレポート


タックルデータ

ロッド:deps HUGECUSTOM76
リール:Daiwa CALDINA4000
メインライン:X BRAID UPGRADE  X8 2号
リーダー:FC ABSORBER S&S 37lb
ルアー・仕掛:DUO TideMinnow Slim 175



ラインインプレッション

通常の春イトウ釣りならX8の1.5号に25lbナイロンをチョイスしているが、今回は「狙って獲る」という前提でタックルは万全に挑んだ。X8の2号を巻き、バックアップには2.5号、リーダーは新しいFCABSORBER S&Sフロロで30.37lb、D-SPECナイロンで30.35lbと今までイトウ釣りで使用したことのない号数の糸とリーダーを組んだが、使用感やキャスト時の飛距離などはさほど気にならず、何よりも“絶対的な安心感”があり、ラインブレイクの心配が減るので、今後、大物イトウ狙いの釣りのスタンダードなシステムになってくれればと思う。


実釣の内容

緊急事態宣言が明けた6月初旬、北海道にイトウ新規開拓へ。2日半の短期釣行であったが過去に掛けたことのない重量級を掛け帰京後も、その魚が脳裏から離れず10日後、再び北海道へ。狙い通り開始90分でヒット!重さと引きのトルクから「絶対に、この前のアイツだ!」と確信、15分以上かかり寄せ何とかランディング。110cm、46lb。


事前に「1.5号のメインに25lbのリーダーではやられる!」とシステムを見直したこと、何より号数を上げたがキャスタビリティーが、そこまで変わらないXBRAIDシリーズならではの使いやすさと強度がもたらしてくれた魚だと思う。

重さは30lbボガグリップを2つ使い測定したがIGFAルールにより認定されず、レングスはIGFAルールで日本記録として認定されました。
「釣れた」ではなく狙って釣りに行き「釣った」感のあるメモリアルな魚になりました。

SHARE facebook Line twitter

XPRODUCTS

FISHING CATEGORY

CATEGORY INDEX

 

XMOVIE

Movie

MOVIE INDEX