EC

 

XANGLER

CATEGORYFRESH WATER

< XBACK TO LIST

< XBACK TO LIST

Xアンバサダー

澤田 利明TOSHIAKI SAWADA

月別アーカイブ  

2020.09.08

フレッシュウォーター テスターレポート

2020.09.08

青森竜飛崎 クロマグロゲームレポート

フレッシュウォーター テスターレポート


釣行場所

青森県小泊港 勝新丸・シーパール・グリッター

タックルデータ

ロッド:天龍 72モンスタープロト
    天龍 82HHプロト・82Hプロト
リール:SHIMANO STELLA SW18000HG・30000
    DAIWA SALTIGA 20000H
メインライン:XBRAID オッズポート8号(SALTIGA 20000H )
                 10号(SALTIGA 20000H)
                 12号(SW18000HG・30000)
リーダー:キャストマンアブソーバー200lb~270lb
ルアー:CB ONE・猛闘犬丸・GustonLures
ノットシステム:MIDノット
フック:VANFOOK
スプリットリング:CB ONE
スイベル:ベインズ別注ブラックスイベル

ラインインプレッション

クロマグロの聖地と言われる青森県龍飛での釣行。
津軽海峡は流れが強く、魚のサイズ以上の負荷がタックルに影響するので
耐久性を信頼しているオッズポートを選択。
(2018年271,5キロのクロマグロもオッズポート)
リーダーはキャストマンアブソーバー。
PE8号には200lb
PE10号、230lb
PE12号、270lb
*PE10,12号にはルアーから1m前後フロロリーダーが入っています。



実釣の内容

2020青森クロマグロは早期からモンスタークラスがキャッチされる情報が入ってきていましたが、連日長い時間ナブラの時もあれば、数日見当たらなくなり、ナブラのアベレージサイズが10kgクラスだったり70kgクラスだったりサイズが不安定な割に、ベイトが関係するのかはわかりませんが全体的の数は少し増えている感じがしました。
(保護の為30kg以下のマグロサイズは狙いません)


資源保護の為、ライン強度を上げてシングルフックにすることにより、アベレージ50kg前後のクロマグロの数々を速やかにリリースする事が出来ました。
8月後半3回目の釣行では、稀に入って来るモンスタークラスにこだわりすぎで、5/9日をクルージングで終わってしまい残りの3日は時化中止。

残りの1日も時化で微妙でしたが、仲間がチャーターしている船に同船させていただいた時の釣果です。


9月10月とまだまだ続きますが、シイラパターンのモンスタークロマグロに期待です。

XPRODUCTS

FISHING CATEGORY

CATEGORY INDEX

 

XMOVIE

Movie

MOVIE INDEX