EC

 

XANGLER

CATEGORYSHORE GAME

< XBACK TO LIST

< XBACK TO LIST

Xアンバサダー

上杉 貴人TAKATO UESUGI

月別アーカイブ  

2020.11.02

ショアゲーム テスターレポート

2020.11.02

泉南エリア 秋のアジングレポート

ショアゲーム テスターレポート


タックルデータ

ロッド:レガーメ 弧丞
リール:シマノ 17ヴァンキッシュ1000FWチューン
ライン:YGK アンバーコードSG DPET0.3号
リーダー:XBRAIDプロト0.6号
ジグヘッド:マグバイトアジキラージグヘッド速
ワーム:マグバイト ブーティーシェイク2.5インチ

実釣の内容

今年の夏も非常に暑くなり水温もかなり高かったホームである泉南エリアも秋に入ってくると夜間は肌寒い気温になってきた。
個人的に寒いのは苦手だが、アジの動きも変わってきて釣りとしては楽しい時期になってきた。

この日はまずここ最近実績の高かったポイントの様子を見ながらスタートする。
ポイントのイメージとしては外海側の少し閉鎖的な位置にある砂地と岩が絡む潮が緩む場所。
数日前はとにかくアタリが止まらなかったので、この日も期待したのだが、どうも水色が少しおかしい。
この時期になると潮の動きが少ない場所で表水温が下がって上下の水が入れ替わるフォールターンオーバーが起きているようだ。
さらにもう一ヶ所好調なポイントに入ってみるが、水色がさらに酷い。
もうこうなると一旦頭の中を空にして一から組み立てていく。

シャローのゴロタ、潮通しの良い漁港も回ってみるが何処も今ひとつ。
こうなるとこの時期最も安定している選択肢の一つである河川絡みのポイントに入ってみる。

まずはサーチ的に1グラムのジグヘッドに2.5インチのワームをセットして広範囲を探っていく。
そして地形変化が絡む場所にキャストして10カウント程沈めて巻きからのワンアクションでヒット。
するとこの魚が結構な引きをみせてドラグを鳴らしてラインを引き出していく。
とはいえ、こちらもベストタックルで挑んでいるだけに慌てず少しだけドラグを締めて応戦、そして一気に引き抜く。


上がってきたのは25センチを超えるよく肥えたアジ、ここ最近のアベレージサイズが22センチ程だっただけに少し驚いたが、それだけこのポイントの条件がおそらく良いのだろう。
その後も釣れてくるのは圧倒的にコンディションがいいアジばかり。

しばし夜中の爆釣劇を満喫してこの日を終えた。


それからしばらく経った現在は水質も戻ってアジも各所に広がっており、ジグ単で楽しい釣りが楽しめている。
これからは私が大好きなアジングはもちろんのこと、エギング、そしてエリアトラウトが楽しい時期、ガンガン釣行しますよ。

XPRODUCTS

FISHING CATEGORY

CATEGORY INDEX

 

XMOVIE

Movie

MOVIE INDEX