EC

 

XANGLER

CATEGORYCIRCLE MEMBER

< XBACK TO LIST

< XBACK TO LIST

Xサークルメンバー

前野 慎太郎SHINTARO MAENO

2021.08.11

2021.08.11

瀬戸内海 広島尾道 オクトパスゲームレポート

タックルデータ

ロッド:ボンバダアグア アベントゥーラ59
リール:シマノ グラップラー301HG
メインライン:XBRAID スーパージグマン X8 4号
リーダー:XBRAID FCアブソーバー 70lb
ルアー・仕掛:メガバス タコーレシェイクなど 
(ノットシステム、フック、アシストリーダー、セキ糸、スプリットリング等々)

釣行場所

広島県尾道市 砂田丸

ラインインプレッション

常にボトムを探る釣りでは、根がかりのリスクを回避するためにもメインラインの感度が重要となります。
その点、XBRAID スーパージグマンX8は、伸びないために感度もすこぶる良いです。
また、適度なしなやかさも備えおり、トラブル回避能力も高いことから、今回の釣行でのメインラインとして使用しました。

リーダーはFCアブソーバー70lbを使用しました。
こちらも強く、伸びの少ない最高のフロロカーボンショックリーダーであり、幅広い釣りに採択しております。

実釣の内容

今回は広島県尾道市から出船している遊漁船「砂田丸」さんにお世話になり、尾道近海のマダコ釣りに行ってきました。
尾道近海は、ボトムが起伏の激しい岩礁帯に潜むマダコを狙っていく釣りになります。

ですので、ルアーをボトムにつけたあと、少しでも油断すると直ぐに根がかりしてしまう難易度の高いエリアとなっています。


そのようなポイントでは、いち早くボトムを感知なければなりません。

また、岩礁帯のボトムは高確率でショックリーダーが岩などに触れるような状況ですので、より感度が良く、より強いラインを選択する必要があり、スーパージグマンX8とFCアブソーバーをセッティング。
高感度のおかげで根がかりの回数も少なく、終始リズム良くマダコを狙えた結果、4匹のマダコをキャッチすることができました。




SHARE facebook twitter

XPRODUCTS

FISHING CATEGORY

CATEGORY INDEX

 

XMOVIE

Movie

MOVIE INDEX