EC

 

XANGLER

CATEGORYCIRCLE MEMBER

< XBACK TO LIST

< XBACK TO LIST

Xサークルメンバー

永田 広也HIROYA NAGATA

2021.08.04

2021.08.04

釣行レポート 真鯛の聖地 三国鷹巣エリア 『モンスター狙い』ディープタイラバゲームレポートその②


釣行場所

福井県三国 遊漁船『シーライオン』

タックルデータ

⑴タックルデータ

ロッド:紅牙 EX N68HB-SMT
    紅牙 EX N611MLB TG
リール:オシアコンクエストCT 300PG
ハンドル:LIVRE SB70-75+PT52
メインライン:XBRAID OMNIUM X8 UPGRADE 1号 600m
リーダー:XBRAID FC ABSORBER スリム&ストロング5号(フロロ)
        XBRAID CASTMAN ABSORBER 5号(ナイロン)
ヘッド:TOPS JAPAN RED SNIPER 160~320g
       START 2step TG drop 120g
ネクタイ:START トリプルフックショートカーリー
トレーラーワーム:海毛虫 2.5インチ

ラインインプレッション

①〔オムニウムX8 アップグレード1号×FCアブソーバー スリム&ストロング5号〕
★ディープタイラバ(ドテラ)において、PE1号、リーダー5号は主流のセッティング。

ただし、オムニウムX8 1号の強度は10kgf=22lb強と同じ太さなら他を圧倒する高強度。
ターゲットを真鯛だけに限定するのであれば、オムニウムX8なら0.8号でも強度的には全く問題ありませんが、ブリやメジロ等の青物がヒットした場合に時間が掛かり、他のお客様にご迷惑をお掛けする事になりますので、10kgまでの青物相手なら多少強引なファイトが可能な1号を使用しています。

更に、水深100m超でのドテラ流しでの釣りではオマツリが多発する場合も多々ありますが、擦れに対する耐摩耗性能も最高レベル。
高密度でラインを通して得られる情報量が多く、微妙な潮の変化や真鯛がタイラバの後ろに付いた感覚までしっかりと伝わる超高感度。

強度、耐摩耗性、感度。全てにおいて最高レベルのオムニウムX8にフロロのスリム&ストロングを合わせた超高感度、高強度セッティング。

②〔オムニウムX8 アップグレード1号×キャストマン アブソーバー5号〕
★オムニウムに伸びのあるナイロンのキャストマンを合わせた、乗せ重視&低活性時のバラシ対策のセッティング。
アタリがあるがなかなか乗りきらない場合、激流時の負荷が強過ぎる場合、喰い込みが悪く、バラシが多発するような状況ではナイロンリーダーの伸度が大きな武器となります。

① ②ともに激流時のモンスター真鯛相手でも強度は十分。
自信を持ってモンスター真鯛と対峙できる信頼のセッティングです。

実釣の内容

5月下旬、福井県三国の遊漁船『シーライオン』さんにお世話になってディープタイラバ(ディープドテラ)に行ってきました。
今回のポイントは水深100~160m前後と前回より深めのポイント。

状況的には朝イチから無風バーチカル。潮もMAX1ノット弱と緩め。
船中では真鯛が単発で数枚あがっていましたが、単発の拾い釣りでダブルヒット等もなく、ヒットパターンの再現性がなかったので難しい状況でした。

後半は恵みの風が吹き、ラインに角度がつきだしたタイミングで真鯛、レンコ鯛をゲット。

【ヒットパターン】

・水深120m前後、ライン放出量150m、30m巻き上げ
・ヘッド:RED SNIPER 240g
・タイラバ:トリプルフックショートカーリー
・フォールスピード:フリー(オシコンCT表示6~8)
・巻きスピード:スロー(オシコンCT表示2)

さぁ、ここから…と思ったのも束の間。前線通過で爆風&強雨となり、船長から「安全確保の為、ラスト一流しで撤収」のアナウンス。
ここまでの傾向は巻きスピードはスロー気味、ラインの角度は水深100m前後に対してライン放出量200mまで。

通常なら200~240gのヘッドシンカーで対応可能な状況でしたが、ラスト流しということもあり、ライン放出量200mまでを探る回数を増やす為に320gにチェンジ。
これがバッチリ嵌まりました!!

水深は110m弱。毎回30mほど巻き上げて3回目の着底でライン放出量は180m。
巻きスピードはスロー(オシコンCT表示2)、20m巻き上げた所でヒット。

荷重変化のみの小さなアタリを巻きを止めてしっかり乗せて完璧にフッキング‼️
流れも速く少し波もあったので慎重にファイトし、無事にネットイン。

上がってきたのは…またまた80㎝オーバーの通称“三国モンスター”



【三国モンスターヒットパターン】
・水深110m、ライン放出量180m、20m巻き上げ
・ヘッド:RED SNIPER 320g
・フォールスピード:フリー(オシコンCT表示8~H)
・巻きスピード:スロー(オシコンCT表示2)

三国では、2釣行連続でモンスター捕獲成功。
三国鷹巣沖のポテンシャルの高さを改めて感じさせてくれる釣行となりました!
そして今回もナイロンリーダー「CASTMAN ABSORBER 5号」が良い仕事をしてくれました。
アタリがあるがなかなか乗りきらない場合、激流時の負荷が強過ぎる場合、喰い込みが悪く、バラシが多発するような状況ではナイロンリーダーの伸度が身切れ等によるバラシを軽減。

飛躍的にキャッチ率がアップします!
是非一度お試しください!

SHARE facebook

XPRODUCTS

FISHING CATEGORY

CATEGORY INDEX

 

XMOVIE

Movie

MOVIE INDEX