EC

 

XANGLER

CATEGORYSHORE GAME

< XBACK TO LIST

< XBACK TO LIST

Xアンバサダー

遠藤 正明MASAAKI ENDO

2021.08.11

2021.08.11

最近はジギングばっかりなんです。レポート

タックルデータ

遠藤正明の使用タックル 3パターン

ライトジギング系
ロッド:ダイワラブラックス AGS BS 610MHB
リール:ダイワ SALTIGA BJ 100SH
ライン:XBRAID SUPER JIGMAN X8 1.2号 25lb
リーダー:XBRAID FC ABSORBER Slim&Strong 5号 24lb

スロージギング 中深海系
ロッド:ダイワ SALTIGA SJ 61B-3
リール:スタジオオーシャンマーク BLUE HEABEN L30Hi/R-LB(16)AE85
ライン:XBRAID SUPER JIGMAN X8 1.5号30lb
リーダー:XBRAID FC ABSORBER Slim&Strong 6号 28lb

スロージギング パワー系 カンパチ、イシナギ狙い
ロッド:ダイワ SALTIGA SJ 61B-4
リール:スタジオオーシャンマーク BLUE HEABEN L50PW/R
ライン:XBRAID SUPER JIGMAN X8 3号 50lb
リーダー:XBRAID FC ABSORBER Slim&Strong 14号 52lb

実釣の内容

こんにちは、Xアンバサダーの遠藤正明です。
今回は自分のジギング愛についてご紹介させていただきます。

自分は東京湾でフィシングガイドの船長をしております。
ルアー専門で、キャスティングもジギングも落し込みもいろいろな釣り物をターゲットにガイドしております。
そして休みの日は、アングラーとして釣りに行きますが、ここ数年ジギング熱がかなり上がりライトジギングからディープ、スロージグングなどほとんど鉛の釣り(笑)をしています。


私にとってのジギングの魅力は、水中でのジグの動きを想像してアクションを付けたり、しゃくりを変えたりと新しいことがたくさんあり、とても新鮮なんです。
美味しい魚が釣れること、いろいろな魚が釣れることも楽しいです。


クロムツは水深200m、ジグは300gで案外大きいアクションで食ってきます。


キントキは、水深45mの根周り、80gのジグをフォールで止めてヒット!


ワラサは、水深100mのポイントの中層のベイトについていました。引きが強いのが魅力の魚です。


カサゴは水深50mの根周り、タングテンジグ80gでボトムをメインに狙ってヒットしました。本当はマハタ狙いですが...


ハチビキが釣れるのは珍しいですが水深100mの中層のベイトについていて3連発しました。ワラサと同じタイミングでした。


マトウダイは、潮がゆるいタイミングの定番、水深85mでヒットしました。


このサワラは東京湾本牧沖、ヒットレンジは10m、フォールの早い60gのタングステンジグでヒットしました。

ここ2、3年東京湾でよく釣れるようになったデカアジ! ジグが横を向くタイミングでよくヒットします。

ジギングでは本当にルアーの差を感じます。だから面白いんです。
キャスティングの釣りに比べ、比較的魚も釣れやすいし、ライトジギングでしたら初心者の方も入りやすい分野だと思います。
私ももっとジギングを深掘りしていきたいと思います。

XPRODUCTS

FISHING CATEGORY

CATEGORY INDEX

 

XMOVIE

Movie

MOVIE INDEX