EC

 

XANGLER

CATEGORYOFFSHORE GAME

< XBACK TO LIST

< XBACK TO LIST

Xアンバサダー

遠藤 正明MASAAKI ENDO

2021.12.10

2021.12.10

2021冬 今年もランカーシーバス絶好調!レポート


タックルデータ

遠藤ランカーシーバス キャスティング用使用タックル

ロッド:ダイワ ラブラックスAGS BS 73HB
ダイワ ラテオ ボートシーバス73HB リール:ダイワ TATULA TW 300
ダイワ モアザン PE 1000SH-TW
ライン: XBRAID UPGRADE X8 PE2号 & PE3号
リーダー:XBRAID CASTMAN ABSORBER 40ポンド & 50ポンド

実釣の内容

2021冬 今年もランカーシーバス絶好調!
みなさん、こんにちは、Xアンバサダーの遠藤正明です。
今年も東京湾では、コノシロパターンで釣れるランカーシーバスが絶好調です!
大型シーバスに混じって大型青物(ワラサ、サワラ)も釣れてくるので楽しさ2倍です。

この時期の定番となりつつあるビックベイトでのシーバス釣りですが、年々いろいろなビックルアーが登場し話題になります。
ビックペンシルやダーティング系、スイムベイトやそのハイブリットなど。
とにかくこんなルアーで大きいシーバスを釣ってみたいとワクワクするルアーがいっぱいあります。

そして、そのチャンスをものに出来るかどうかは実は、タックルバランスがとても重要です。
その中でも、ラインバランスは特に重要です。

私は、ビックベイト用に2種類のタックルを使用しています。
大型100gクラスのルアーを使う釣りには、PE3号(50lb)リーダーナイロン14号(50lb)
巻物や中型ペンシル50g前後には、PE2号(40lb)リーダーナイロン12号(40lb)です。
どちらもPEの強さとリーダーの強さを合わせています。

多くの方がPEは太さ、リーダーはポンド数(強さ)で言われますが、PEも太さではなく強さを気にしてください。
ビックベイトの釣りはロッドも強く、リールのドラグもしっかり入れます。
なので合わせの瞬間や魚の急なツッコミに対応するため同じバランス(強さ)にしてショックを分散、吸収することがとても重要です。
また、リーダーはナイロンを使います。絶対です。
理由は、ショックを伸びで吸収するため、キャストトラブルを減らすためです。柔らかいことが大事です。
XBRAIDのラインは、PEもリーダーも同じ太さでも他に比べてワンランク強いため強度やキャストなどでとても有利です。

せっかく出会えた夢のサイズを釣り上げるためにルアーだけでなく、タックル全てを考えて
ぜひ狙ってランカーを釣り上げてください。


夢の80cmオーバー! 一生に一度は釣りたいモンスター90cmオーバー!
ぜひ、チャレンジしていただきたいと思います。


東京湾フィッシングガイドサービス
アイランドクルーズ チーフキャプテン
遠藤正明

XPRODUCTS

FISHING CATEGORY

CATEGORY INDEX

 

XMOVIE

Movie

MOVIE INDEX