EC

 

XANGLER

CATEGORYCIRCLE MEMBER

< XBACK TO LIST

< XBACK TO LIST

Xサークルメンバー

浦 満晴MITSYHARU URA

月別アーカイブ  

2022.05.14

2022.05.14

和歌山県田辺エリア おかっぱりアジング&ライトゲームレポート

タックルデータ

<ライトワインド>
ロッド:JUSTACE ライトワインダー610TZ
リール:18イグジスト FC LT2000S-P
メインライン:XBRAID ロンフォート リアルデシテックスWX8 0.3号
リーダー:XBRAID bitラインフロロカーボンリーダー 1.2号
スナップ:ACTIVE アジスナップS
ジグヘッド:DECOY デルタマジックヘビー3.5g-#4
ワーム:オンスタックル マナティー38

<アジング>
ロッド:ヤマガブランクス ブルーカレント 58TZ
リール:18イグジスト FC LT2000S-P
メインライン:YGK アンバーコードSG D-PET失透ピンク 0.25号
リーダー:XBRAID bitラインフロロカーボンリーダー 0.8号
スナップ:ACTIVE アジスナップ SS
ジグヘッド:アルカジックジャパン ジャックアッパー 0.8g-#8
ワーム:オンスタックル プロトモデルワーム

釣行場所

和歌山県田辺エリア

ラインインプレッション

予期せぬターゲットのヒットに驚かされることが多々あります。
今回もそんな釣行となったのですが、軽量ジグヘッドを使用する前提としてメインラインを太くしていく事は操作性の悪化を伴う為、避けたい。
そんな中で頼りになるのがワンランク上の強度を発揮するリアルデシテックス。直線強力だけでなく、結束強度にも信頼をおいており、今回キャッチした魚も4mほどの防波堤上に危なげなく抜き上げることが出来ました。(PEとリーダーの結束は電車結び)

実釣の内容

新しくテスト中のアジングワームの実釣テストの為、アジを求めて和歌山南紀エリアへの釣行。 明るい時間帯に周辺のポイントをチェック。
地元のアングラーに状況を聞いてみると前日午前中まで続いた雨の影響で状況は非常に良くないとの事。

確かに潮色は白濁りしているので雨の影響は少なくない様子。 そんなスタートとなりました。
明るい時間帯、ハタなどのロックフィッシュを狙う為にライトワインドでボトム周辺をチェック。

とにかく状況が解らない為、テンポよく探っていると早速ドラグを引き出す魚がヒット。

慎重に足元まで寄せて来た所でタイミングを見計らって抜き上げ。
45cmほどのヒラメ。



その後も小型のオオモンハタやガシラのキャッチが続き(全てリリース)日没が近づいたため常夜灯のあるポイントに移動。


ここからが本題のアジング(実釣テスト)がスタート、ところが聞いた通りのタフコンディションで地元アングラーもノーバイトで早々に引きあげていきます。

常夜灯下だけでなく、少し外れた場所からのアプローチも試してみた時、失透ピンクの視認性の高さによりリトリーブコースを把握することが出来ました。
光線によりラインが見えにくくなる角度が多くなりますが、失透ピンクは見失うことなく防波堤際や障害物周辺を攻めることが出来ました。

結果、なんとか2バイト1キャッチ1抜き上げポロリとなりました。


糸筋が「見える」と「見えない」の差は大きいです

XPRODUCTS

FISHING CATEGORY

CATEGORY INDEX

 

XMOVIE

Movie

MOVIE INDEX