EC

 

XANGLER

CATEGORYFRESH WATER

< XBACK TO LIST

< XBACK TO LIST

Xアンバサダー

杉山 代悟DAIGO SUGIYAMA

月別アーカイブ  

2020.01.24

フレッシュウォーター テスターレポート

2020.01.24

東山湖 エリアトラウト

フレッシュウォーター テスターレポート

杉山代悟
タックルデータ

ロッド:ジャッカルティモン ティーコネクション60L_estel
リール:シマノ ステラC2000S
メインライン:CHERUM アンバーコード S-PET ポリエステル 0.25号
リーダー:CHERUM アンバーコードアブソーバー ウルトラストロング FCリーダー 0.5号
ルアー:ジャッカルティモン ティアロ1.6g
メインラインとリーダーの結束はサージェンスノット

杉山代悟

ラインインプレッション

冬の東山湖のパターンとして、1.5g前後のスプーンをボトムから巻き上げるという釣り方が一般的であるが、フルキャストしてボトムから巻き上げてきた場合ナイロンラインやフロロカーボンラインだと糸の伸びが邪魔をしてバイトしてから手元にアタリを感じるまでに時間がかかってしまい、フッキングが遅れてしまう為、エステルラインのアンバーコードSGを使用しています。
エリアトラウトではリリーサーを使用する為、摩擦に弱いエステルラインの直結だとリリーサーを当てた場所からライン切れが発生する為、ウルトラストロングFCリーダーを30センチほど付けています。

杉山代悟

実釣の内容

東山湖の中では比較的水深のある通称東ワンドという場所を選択。
水深は1.6gのスプーンをフルキャストした場合3m程。
ティアロ1.6gをボトムから巻き上げてくる釣り方をしますが、メインラインをグレン2lb(ナイロンライン)とアンバーコードSG0.25号(エステルライン)の2種類を用意。
ナイロンの比重(水に浮く)を生かしてボトムをスローに引く釣り方と、エステルラインの比重(水に沈む)を生かしてボトムを早めに引く釣り方の両方をいつも試します。
ナイロンラインで同じスピードで引くと浮き上がりが早過ぎてスプーンがヒットゾーンにいる時間が短くなってしまいます。
この日は比較的暖かかったこともありエステルラインでボトムから早めのリトリーブで中層まで巻き上げる釣り方が効果的でした。

杉山代悟
杉山代悟

SHARE facebook Line twitter

XPRODUCTS

FISHING CATEGORY

CATEGORY INDEX

 

XMOVIE

Movie

MOVIE INDEX